【Polkadot.js】ポルカドットウォレットの作り方を画像で解説

仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、たすけです。

仮想通貨取引をしていると、持っている仮想通貨をステーキング(預け入れ)をするだけで、高利回りで運用できる仕組みがあるのに気付くと思います。

取引所に入れっぱなしにするのも良いですが、どうせガチホするのなら預けて利息をもらいたいですよね。

そんな時に必要になるのがウォレット(財布)です。ステーキングをするにもウォレットがないと取引所から外へ持ち出せないので必要になってくると思います。

そこで今回は、仮想通貨・パラチェーン・ウォレットで有名なポルカドットのウォレット(Polkadot.js)の作り方を解説していきます。

日本の起業家である渡辺創太さんが手掛けるプロジェクト(アスターネットワーク)のガバナンストークン(ASTR)をステーキングする際にもこのPolkadot.jsが利用できます。

簡単に作成できますので一緒に作ってみましょう。

スポンサーリンク

ポルカドットウォレットの作り方

まずは、Polkadot.jsにアクセスします。

ウォレットはグーグルクロームの拡張機能に追加して使用するので、まずはクロームを起動します。

↓のURLからポルカドットjsのサイトにアクセスできます。普通に検索から「Polkadot.js」と入力してもOKです。

Polkadot.js作成ページ

ググった場合はこんな感じです。一番上のpolkadot{.js}をクリック。

するとchromeウェブストアのページになるので、青いアイコンの【Chromeに追加】をクリックからの【拡張機能を追加】をクリックします。

Chrome右上のパズルっぽいアイコン(拡張機能)を押すとこの画面になるので【Polkadot{.js}extention】を選択。

Welcomeというページが出てくるので下のオレンジ色のボタンをクリック。

polkadot.jsの作り方

始める前に注意事項を読めと書いてあります。その下の箇条書きには、「私たちは住所とかアクセス情報など個人情報を収集しません」的な内容が書かれています。

ぼやけた+マークをクリック。

【超重要】アドレス名と12個のニーモニックシードをメモする

この章はとても大切なので注意深く進めていって下さい。

※グーグルクロームの自動翻訳機能はOFFにしておきましょう。自動翻訳がONになっているとうまくサイトが開かない事があります。

さて、先ほどの+マークをクリックするとこんな画面になりました。

※この時、他の画面を操作してしまうとページが更新され、アドレスとニーモニックシードが変わります。コピペする際には何度も合っているか確認しましょう。

polkadot.jsのニーモニックシード

一番上の【<unknown>】下の英数字の羅列がウォレットアドレスです、これは銀行で例えると口座番号のようなもの。このウォレットに送金をする時にはここに書いてあるアドレスを使います。右の書類マークでコピーができるので、PCのメモ帳にコピペしておきましょう。

【GENERATED 12-WORD MNEMONIC SEED】 に書かれている12個の言葉は紛失すると、何かあった時にウォレットが開けなくなってお金が戻ってこなくなるので必ずメモしておきましょう。PC上のメモ帳やスクショだけではなく紙に書いて保管しておきます。

このニーモニックシードは銀行で例えると、実印と通帳とパスワード的な存在になります。そのくらい大切なので誰にも教えちゃいけません。

メモができたら下の四角にチェックを入れて【Next step】をクリックします。

ウォレットの名前とパスワードを設定する

続いて、ウォレットの名前とパスワードを設定していきます。

上から順番に解説するとこんな感じです。

一番上の【NETWORK】は「Allow use on any chain」でOK。

2番目【A DESCRIPTIVE NAME FOR THIS ACCOUNT】には好きな名前を入力します。(あとで変更可能です)

最後に好きなパスワードを設定します。下の枠には確認のため、同じパスワードを入力してください。

これでウォレットの作成は完了です。お疲れ様でした。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ポルカドットウォレットの作り方を解説しました。

他にもたくさんウォレットはありますが、これからポルカドットのパラチェーンを利用するならば、ポルカドットウォレットがあるといいですね。

使ってみてから、もし自分に合わないなぁと感じた時には、他にCloverなどでもASTRステーキングに対応しているのでそちらを試してみても良いと思います。

ではまた!

【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました