【Ledgerは買うべき】安全に長期投資する準備のためにも自己投資を。

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

仮想通貨の取引を始めたばかりの方は、取引所に資産を置きっぱなしにしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、取引所やホットウォレットは常にハッキングやバンクランの危険にさらされています。

解説

※ホットウォレット=MetaMaskなどのネット上のウォレット(財布)のこと。

※バンクラン=銀行や取引所の経営が悪化し、倒産を恐れた預金者が預金を一斉に引き出す騒ぎのこと。これにより、銀行は資金繰りが悪化し倒産に追い込まれること。

そのため、大切な資産を守るためにはコールドウォレットの導入がおすすめです。

コールドウォレットとは、インターネットに接続されていないハードウェアウォレット(お財布)のこと。

インターネットに接続されていないため、ハッキングやバンクランの危険から資産を守ることができます。

コールドウォレットもいくつかの企業から販売されていますが、その中でもLedgerは世界で最も人気のあるコールドウォレットの一つです。

フランスの公式サイトと日本の正規代理店で購入するのでは、どちらが安くなるか。についても検証しました。

これから仮想通貨を安全に保管したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

エルクくん

コールドウォレットをもっていないなんて、銀行口座を持っていない人と同じくらい不安定。

Binanceのグローバル版が日本で利用できなくなったように、BYBITやその他の取引所だっていつ規制されるかわかりません。

問題が起こるたびに、いちいち資産を移動するのってストレスですよね。

コールドウォレットを持っていれば、自由に・安全に・大切な資産を管理できます。

「短期売買がメインだから取引所に置いておきたい。」という以外の、中長期投資を目指す方には必須アイテムだと思います。

ぜひ自己投資として、最安のnanoで十分なので1台備えておきましょうね。

Ledgerなら、仮想通貨の売買も可能。Ledger Liveをつかって安全に売買することができます。

目次

Ledgerを公式以外で購入するのは危険

どうせなら安く買いたいですよね。かと言って、Amazonとか楽天で買うのはおすすめできません。

メルカリなどのフリマで買うのなんて絶対にダメです。一度、他人の手にわたっているものは買ってはいけません。

中古を買うのは、他人が使っていた銀行口座を譲ってもらうようなものですから、情報が抜かれている可能性が高いです。※USBにウイルスを仕込まれていてデータを全て抜かれる。なんて事件も過去にありました。

PC自体にウイルスが入ってしまうと、Ledger意外のパスワードやら何やらが、全て丸見えになってしまうとても危険な行為なので注意しましょう。

一時の安さに惑わされて、長期的な損失を招くことのないように。

Ledgerはどこで買うのが一番安いの?

「どこで買うのが一番安いの?」というポイントが気になったので、価格をざっと調査してみました。

比較したデバイスは最も安価なLedger nano S モデルです。参考になれば嬉しいです。

※現在、日本の正規代理店では売り切れ。https://hardwarewallet-japan.com

Ledgerの代理店は売り切れ
  • メルカリ:古いnanoが500~3000円 危険度MAX
  • Amazon、楽天、ビックカメラ:8140円〜 信用しきれない
  • 日本の正規代理店:12499円+送料一律755円 売り切れ
  • Ledger公式:13499円+別途送料 販売中(https://shop.ledger.com

あなたはどれを選びますか?僕なら絶対に一番信頼できる公式から購入します。

エルクくん

僕は公式で買ったよ!

結論、Ledgerを買うなら公式がおすすめ

ということで、公式で買うべきという結論に至りました。

たった1万円ちょっとをケチって、資産を失うリスクを負うのも馬鹿馬鹿しいですもの。

「安物買いの銭失い」に本当になってしまわないように心がけていきたいですね。

少しでも被害者が出ないように願っています。

Ledger公式で買う手順と到着までにかかる日数

公式の場合、注文するとフランスから荷物が発送されます。到着前には郵便局から電話がかかってきました。

電話の内容は、「フランスから〇〇様宛てのお荷物を預かっているのですが、心当たりはございますか?」といった内容でした。海外から突然怪しい荷物が届く詐欺があるみたいで、その防止策らしい。

疑って電話してくるので、尋問されているような少しシリアスな雰囲気だったのを覚えています。笑

画像提供:高根さん

送料は、フランスからの海外EMS速達便で2276円。海外からの荷物だからもっと高額になるのかと思っていましたが意外にも良心的。

画像提供:高根さん

購入する方法は、公式は英語ですが、日本語表示にも対応しているので安心ですね。

画像提供:高根さん

Ledger nano S Plusを公式で購入すると、送料込みで合計15775円でした。

代理店から買うと、12499円+送料一律755円でしたので、代理店は合計13245円

代理店で買えるなら、代理店の方が少しだけ安いという結果になりました。

売り切れだから、再販まで待とう。というのは貧乏人の考え。

いつ再販になるかもわからないものを期待するのは良くないです。※実際、もう半年近く再販されていません(2024年現在)

突然の取引所閉鎖や、ハッキングがいつ発生するかもわかりません。

機会損失のリスクを考えたら、たった2千円なんて潔く捨ててしまいましょう。必要になった時、すぐに手に入るものではないので今から備えておくと万が一のトラブルにも安心ですね。

\ Ledgerは世界シェアNo.1 /

★取引所停止などで誰もが必要になった時には、世界中で注文が殺到するので売り切れるようなので、お早めに。

Ledgerが対応可能な仮想通貨は5000種類以上

Ledgerは仮想通貨取引のアプリをインストールするだけで、常に最新の通貨に対応できる仕様になっています。

ということで、ほぼすべての仮想通貨に対応しているんです。Ledger Liveがなかった頃は限られた仮想通貨しか対応していなかったのですが、改良されて便利になりました。

クーポンや割引キャンペーンはある?

過去には2023年の11月に、割引クーポンが発行され話題になりました。

ですが、定期的に安くなるということはこれまでありません。運良くクーポンが発行されているタイミングかもしれませんので、まだ検討段階の方はショップを定期的に訪問するのもおすすめです。

しつこいようですが、

ハードウェアウォレットは、必ず公式から購入しましょうね

まとめ

欲しいなと思った時が良い機会です。Ledgerは、きっとあなたをハッキングやバンクランから守ってくれる心強いアイテムになってくれるでしょう。

ぜひ購入を検討してみてください。

今回は、まだLedgerを持っていない方が、一番お得に買える方法をご紹介しました。

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次