【老後の不安解消】確定拠出年金(iDeCo)はカブコムがおすすめな理由

その他
スポンサーリンク

 

こんにちは、たすけです。

将来の年金について、働く世代のほぼ100%の方が「不安」と感じていると言われています。

「自分が定年を迎えた時に、受給年齢はどうなっているのか」

「果たして、支給された年金だけで暮らしていけるのだろうか」

このような不安を抱えていますよね。

現在あなたが健康で働き盛りなのであれば、それはまだ漠然とした不安かもしれません。

しかし、この年金に対する不安は歳を重ねるごとに増加していくと言われています。

それを解消すべく、国の新たな政策として確定拠出年金(iDeCo)が推奨されるようになりました。

働く世代が安心して働ける環境づくりの一環として立ち上がったため、税制待遇などのメリットが非常に高いのが特徴です。

今回はそんな確定拠出年金(iDeCo)について徹底調査したので、参考になれば幸いです。

確定拠出年金(iDeCo)について、詳しく理解したい方は資料請求がオススメです。こちらから無料で資料請求ができるのでご活用ください。

スポンサーリンク

【老後の不安】将来、年金がもらえなくなるかも?

日本は今、人口の減少と高齢化によって年金の制度が崩壊の危機にあります。

そのため、年金支給額が減少傾向にあり、老後の家計が以前よりも厳しくなっています。

その原因は、年金を支えている働く世代の人口減少と、年金受給者の増加にあります。

これまで高度経済成長期の日本は、ピラミット型で老人を支えていました。

1950年代は10人で1人、2020年では2人で1人を支えてきました。

そして今後は1.5人で1人を支えてることになるようです。

このままでは30年後には、1人が2人以上の老人を養うことになると予想されています。

これが現実です。30年後に受給年齢に達した人はどうなっているのでしょうか・・・。

現在の年金受給年齢と、受け取れる金額を調査した結果

現在の年金受給年齢は、原則65歳からです。

毎月の支給額は変化しますが、60歳から75歳までで繰り上げたり繰り下げたりすることができます。

そして、今の受給者はどれくらい年金をもらっているのかを調査したところ、以下のような結果となりました。

月収30万で試算した場合: 単身者で12万円・扶養ありで15万円

月収40万で試算した場合: 単身者で14万円・扶養ありで17万円

月収50万で試算した場合: 単身者で17万円・扶養ありで21万円

という結果でした。この数字をみて、あなたは多く感じるかもしれませんし、少なく感じるかもしれません。

なに不自由なく暮らしたいのであれば、プラス5万円は欲しいところだと思います。

そしてさらに数十年経過し、これ以上に減額していくと生活できないレベルになるのは明らかです。

もし仮になんとか生活できたとしても、悠々自適に余裕のある暮らしは到底できません

残酷ですが、節約をしながら貧しく寿命を迎えることになるでしょう。

そんな老後の自分や、家族を守るための制度が「確定拠出年金(iDeCo)」なのです。

確定拠出年金(iDeCo)とは

確定拠出年金とは、確定拠出年金法を根拠とする「私的年金」である。

加入者が掛金の金額を指定して納め、その資金を加入者の支持で運用した結果のそう金額が老後の支給額として支払われる。

引用元:ウィキペディア

こうした制度をつくり財源の不足から国民を守るために私的年金を推奨しています。

国の財政状況はこれからも悪化するので「将来の年金制度崩壊に対応できるように、個人でも備えておいてくださいね。」という制度になります。

日本の国家が確定拠出年金(iDeCo)を勧める理由とメリットについて

日本が確定拠出年金(iDeCo)を推奨する理由は、先ほどの解説のとおり、高齢化社会による年金制度の崩壊が進行していることが理由です。

それに加えて、出生率は年々低下しているので今後もさらに高齢化が加速することが危惧されています。

米国電気自動車大手テスラ社のCEOを務めるイーロン・マスク氏も、こうした日本の現状からツイッターで「日本はいずれ存在しなくなるだろう」と語っていました。

確定拠出年金(iDeCo)をすることで受けられる節税のメリットは2つあります。

1、毎年の積立金は全て所得税から控除されるので、所得税が安くなる

2、運用による収益はどれだけ増えてもすべて非課税に。

このように、現在の収入に対する税金も節税できて、回収する場合にも一切税金がかからないのがメリットです。

個人で株式投資などの資産運用をすると、利益に対して20%の税金がかかるので手取り金が減少しますが、確定拠出年金はその税金が免除されるのでかなりの節税になります。

おすすめの確定拠出年金(iDeCo)ができる証券会社は?

【老後の不安解消】確定拠出年金(iDeCo)はカブコムがおすすめな理由

様々な証券会社からiDeCoのプランが出ていますが、おすすめはカブコムです。

カブコムは特に40代から50代の方を対象としている印象です。

資料に図解が豊富なので視覚的に理解することができるので、『これまで仕事一筋で頑張ってきたから、資産運用はよくわからない。』という方に特におすすめです。

また、ある程度経済知識のある中年層からの指示を多く集めているようです。

運用方法も、豊富な運用パターンを選択するだけで自動運用できるので、仕事が忙しい方でも安心して運用ができるように工夫がされています。

スマートフォンに専用のアプリをダウンロードすれば、いつでも積立額や運用益が確認できるのも大変便利です。

通勤中の電車内でスマートに資産運用が可能です。

運用手数料は無料。さらに保有残高に応じてポイントも貯まるので、よりお得に資産運用ができます。

ここまで解説を読んで、『そろそろ俺も本格的に検討しないとな。』と思った方が多いはず。

カブコムでは無料の資料請求があるのでそちらも活用しておきましょう。

より詳しく・理解しやすい内容となっています。

またカブコムでは、運用商品の種類も豊富なのでご自身のライフステージや運用資金に応じて、バランス良くプランを組み替えることが可能です。

数十年先のご自身の老後のことなので、ゆっくりと資料を読み、しっかりと検討することをおすすめします。

納得をした上でお申し込みするようにしましょう。

カブコムでは、フリーダイヤルのサポートセンターが常駐しています。

カブコムのiDeCo 公式ホームページ

☎︎0120−870−301

資料請求で届いた書類を一通り読んで、わからないことがあれば気軽に電話で相談をしてみましょう。

最後までお読みいただきありがとうござました。

タイトルとURLをコピーしました